ようこそ、江差町長のページへ。
町長の照井 誉之介(てるい よのすけ)です。2014年8月に就任いたしました。
北海道南部に位置し、日本海に面した我が町は、ニシン漁による北前船交易によって栄えてきました。
370年の歴史を誇る北海道最古の祭り「姥神大神宮渡御祭」や、民謡の王様と称される「江差追分」、そして檜山道立自然公園の特別区域に指定される「かもめ島」。こうした伝統や文化、美しい自然に囲まれた人口8、500人の町です。
私は、これらの財産をまちづくりに生かす「いにしえのまち」、そして若者にとって魅力的だと感じる「かっこいいまち」を行政運営やまちづくりを行う上での大きな柱として、町職員が一丸となり、町民との対話を大切にしておこなっていく考えです。
江差の魅力を全国に発信していきます。