ホーム  >  町政情報  >  町長室  >  町長日記  >  平成27年1月1日「夢なき者に成功なし」

平成27年1月1日「夢なき者に成功なし」

 新年あけましておめでとうございます。 

 2015年の年明け、皆様はどのようにして迎えましたでしょうか。 

 私は、江差町内にある姥神大神宮で迎えました。境内で町内発祥の民謡「江差追分」の愛好者の皆さんと歌い納めをおこなった後、近くにある蔵を改装した施設での年越しイベントに参加しました。餅をついたり、お汁粉を食べたりして新年を祝いました。

 町長に就任して約5カ月が過ぎました。行政運営にあたって、常に肝に銘じていることがあります。それは、「この事業は町民のため、江差の将来のためになるか」「行政が税金を使ってやるべきことか」。この2点です。限られた予算の中で、いかに効果的に事業を執行していくか。常に取捨選択が迫られるわけですが、政府が「地方創生」を掲げる本年は、江差町にとって勝負の年だと思っています。明治維新で指導的な役割を担った吉田松陰は次のように述べています。

 「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし」

  町民目線の町役場を目指すとともに、将来に対する大きな夢を抱きながら、行政運営にあっていきます。それと同時に、江差の魅力を全国に最大限発信していきたいとも思っております。

プリンタ用画面
前
平成27年2月25日「清々しい登庁」
カテゴリートップ
町長日記
次
平成26年12月30日「目標を定める」