ホーム  >  町政情報  >  町長室  >  町長日記  >  平成27年2月25日「清々しい登庁」

平成27年2月25日「清々しい登庁」

ウイーーーーーーーーーーーーーーン。

 始業前の午前8時の江差町役場。まだ電気が付いていないため薄暗い中、掃除機をかける音が響き渡っていました。
掃除機をかけているのは、窓口担当部署のベテラン職員。この職員は部署の誰よりも早く登庁して、職場を清掃しています。窓口で多くの町民が訪れる場所なので、それを意識しているのかもしれません。この光景はよく目にするので、私はすがすがしい気持ちで仕事を始められることが多いです。

 4月から新年度を迎えるのを前に、江差町役場では新年度の予算案編成作業がひと段落しました。町の貯金に手をつけず、財政規律を守りながら、どのように予算を配分するか、腕の見せ所です。
この間、各課の町長ヒアリングを2回実施しました。課によっては1回で2時間を超えるところもありました。よりよい予算案にするため、町職員と意見をぶつけ合って仕上げました。丁寧に議会に説明していきます。
2月21日には、東京のNHKで開かれた「第15回地域伝統芸能まつり」に道指定無形民俗文化財の「江差餅つき囃子」が出演しました。全国で10の芸能が発表されました。北海道で唯一。しかも第7回では民謡の江差追分も発表しているので、江差町としては2回目の出演です。3月14日にNHKで放映される予定ですので、皆さんに見ていただきたいと思います。
 

プリンタ用画面
前
平成27年3月11日「あの日から4年」
カテゴリートップ
町長日記
次
平成27年1月1日「夢なき者に成功なし」