ホーム  >  町政情報  >  町長室  >  町長日記  >  平成28年8月30日「日々の積み重ね」

平成28年8月30日「日々の積み重ね」

 各競技でたくさんの感動を与えてくれたリオデジャネイロ五輪が閉幕しました。日本の金銀銅のメダル獲得数は過去最高の41個。

 

選手団主将で、女子レスリング53キロ級の吉田沙保里選手が4連覇ならず、銀メダルだったのは残念でしたが、体操男子の団体総合やバドミントン女子ダブルスなどが金メダルに輝く快挙を成し遂げたほか、卓球や水泳、柔道なども好調でした。
 
 今回の五輪で、とても印象に残っている言葉があります。
 
 

 「世界で一番練習した人が世界一になれると思うので僕は世界で二番目の練習しかできていなかった。帰って練習します」

 

 
 これは、レスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級で銀メダルを獲得した太田忍選手の試合後のコメントです。金メダルを目指していた太田選手が悔しさをにじませながら答える姿が印象的でした。
 
 小学生のころから、お正月もお盆もなく毎日、誰にも負けない努力をしてきた太田選手の言葉だからこそ、重みを感じます。
 
 日々の積み重ねが大事―。
 
太田選手に限らず、華々しい活躍をする選手の裏側には、地道な努力があることをあらためて感じる五輪でした。
プリンタ用画面
前
平成28年12月2日「身近な存在」
カテゴリートップ
町長日記
次
平成27年10月23日「視線の先」