介護保険の概要

介護保険は、寝たきりや認知症など介護を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができる様、社会全体で支えるためのしくみです。

 

介護保険の対象者(被保険者)

40歳以上の人が対象となり、介護保険料を納め、介護が必要となった際には介護認定申請・介護認定を経て介護サービスを利用することができます。

第1号被保険者

65歳以上の方。
全ての方に介護保険証を交付します。

第2号被保険者

40歳~64歳の方。
介護(要支援)認定された方にのみ保険証を交付します。

 

要介護・要支援認定申請手続き

  1. 役場健康推進課介護保険係窓口で認定申請を行ってください。
    申請はご本人やご家族のほか、ケアマネージャーが代行できます。
    申請の際は、かかりつけ医への受診日を決めてきてください。
  2. 訪問調査を行います。
    役場の調査員がご自宅や入院先等を訪問し、心身の状態や日中の生活状況などについて聴き取り調査を行います。
  3. 主治医へ意見書の作成を依頼します。
    要介護・要支援認定申請書に記載いただいた主治医へ役場から依頼します。
  4. 認定審査会で審査を行います。
    訪問調査結果や主治医意見書を基に、保健、医療、福祉の専門家が審査します。
  5. 認定結果をお知らせします。
    通常、申請から結果までに1か月ほど時間がかかります。

 

 

ケアプラン(介護サービスの利用計画)の作成を依頼してください。

認定結果及びサービス利用希望に応じ、ケアプランの作成を依頼してください。

  1. 認定結果が要支援1・2の方
    江差町地域包括支援センターへ連絡してください。
  2. 認定結果が要介護1~5の方で、自宅で暮らしながらサービスを利用したい方
    江差町を対象としている居宅介護支援事業者へ連絡してください。
  3. 認定結果が要介護1~5の方で、施設への入所を希望される方
    入所を希望する施設へ連絡してください。

 

ケアプランの作成後、介護サービスを利用することができます。

担当のケアマネージャーと相談しながらケアプラン(介護サービス利用計画)を作成します。
このケアプランに基づき、在宅サービスや施設サービスを利用することができます。

 

介護サービスを利用したときは、費用の1割を負担します。

介護保険では、要介護・要支援状態区分に応じて支給限度額が決められています。
利用者は支給限度額の範囲内で介護サービスを利用する場合、利用者負担は1割です。
※支給限度額を超えた場合、超えた分の全額を利用者が負担しなければなりません。

〈在宅サービス1か月の支給限度額〉

介護保険施設等に入所した場合は、サービス費用の1割、食費、居住費、日常生活費等が利用者の負担となります。

 

介護保険料の算定と納め方

(1) 65歳以上の方(第1号被保険者)

江差町の介護サービスに要する3カ年分の費用を積算し、その21%を介護保険料として算定します。町民税の課税状況や所得額に応じて第1段階から第6段階に位置付けされます。
※第1号被保険者が負担する21%以外の費用は、公費〈税金〉で50%、第2号被保険者が29%を負担します。

〈保険料の算定〉

〈保険料の納め方〉

(2) 40歳~64歳の方(第2号被保険者)

加入している医療保険(国民健康保険や職場の健康保険)の算定方法によって保険料が決まり、医療保険料に上乗せして納めます。

 

【お問い合わせ】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 健康推進課 介護保険係
TEL:0139-52-6718
FAX:0139-54-3933