ホーム  >  くらしの情報  >  健康・福祉  >  介護・福祉  >  介護保険制度  >  介護サービス利用者負担額の軽減制度

介護サービス利用者負担額の軽減制度

特定入所者介護サービス費

介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)や、ショートステイを利用する方の食費・居住費については、ご本人による負担が原則ですが、低所得の方については、食費・居住費の負担軽減を行っています。
軽減を受けるには、申請を行い、「負担限度額認定証」の交付を受ける必要がありあます。「負担限度額認定証」を利用する施設に提示することで、負担限度額と基準額の差額が「特定入所者介護サービス費」として保険給付されるようになります。(利用者は負担限度額の金額を施設に支払い、差額を江差町が「特定入所者介護サービス費」として施設に支払う形となります)

 

介護保険負担限度額認定証の更新申請について
負担限度額認定証の有効期間は、原則として申請のあった日の1日から翌年(1月以降の申請の場合は同年)7月31日までです。
現在、負担限度額認定証を交付されている場合でも、新年度(8月1日以降)も引き続き減額を受けるためには、改めて申請が必要です。
介護保険負担限度額認定 更新のお知らせ[PDF] をご覧の上、江差町役場健康推進課介護保険係まで申請ください。
 
※更新手続きに関して、個人へ案内はいたしませんのでご留意ください。
※マイナンバーの記入が難しい場合は、未記入でも受け付けいたします。
 
 

申請書のダウンロード

【お問い合わせ】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 健康推進課 介護保険係
TEL:0139-52-6718
FAX:0139-54-3933

 

プリンタ用画面
前
介護保険料について
カテゴリートップ
介護保険制度