ホーム  >  くらしの情報  >  子育て  >  各種手当について  >  児童扶養手当について

児童扶養手当について

児童扶養手当は、ひとり親家庭等で児童を養育している方に支給される制度です。

父母が婚姻を解消したり、父または母の死亡などにより父または母と生計をともにしていない児童(18歳に到達する日以後の最初の3月31日までの方または満20歳未満で一定の障害がある方)を育てる母または養育者、父が請求することにより手当を受けることができます。

支給要件

次の1~5のいずれかに該当する子どもについて、母または養育者が子どもを監護している場合、または父がその子どもを監護し、かつ、生計を同じくしている場合に支給されます。

  1. 父母が婚姻を解消した子ども
  2. 父または母が死亡した子ども
  3. 父または母が一定程度の障害の状態にある子ども
  4. 父または母の生死が明らかでない子ども
  5. その他(父または母が1年以上遺棄している子ども、父または母が1年以上拘禁されている子ども、婚姻によらないで懐胎した子ども等)

※母または父の配偶者に児童が養育されている場合などは対象になりません。

なお、支給要件を満たしていても、所得制限を超えた場合は、手当の一部または全部が支給停止になります。

手当月額

受給資格者(ひとり親家庭の父や母など)が監護・養育する子どもの数や受給資格者の所得等により決められます。

平成29年4月分以降の手当額

児童1人の場合 全部支給 42,290円
一部支給 42,280円~9,980円

 

児童2人目の加算額

 全部支給

9,990円
一部支給 9,980円~5,000円

児童3人目以降の加算額

(1人につき)

全部支給 5,990円
一部支給 5,980円~3,000円

※手当は申請した翌月分から支給されます。

4月、8月、12月の年3回、支給月の前月分までが指定された口座へ振込となります。

児童扶養手当法の一部改正

平成26年12月以降から児童扶養手当法が一部改正されました。

これまで、「公的年金」を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月からは、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の手当を受給できるようになりました。

※「公的年金」とは、老齢年金、遺族年金、障害年金、労災年金、遺族補償などです。

以下の場合は手当を受け取ることができます。

  • 子どもを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
  • 父子家庭で、子どもが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
  • 母子家庭で、離婚後に父が死亡し、子どもが低額の遺族年金のみを受給している場合 など

請求に必要なもの

児童扶養手当の請求は、江差町役場 福祉子育て係で受付いたします。

下記のものをご持参のうえ、申請してください。

  • 請求者及び対象児童の戸籍謄本(児童扶養手当法)
  • 請求者の世帯全員の住民票
  • 請求者の年金手帳
  • 請求者名義の預金通帳
  • 印鑑

【現況届の提出について】

児童扶養手当を受給している方は、毎年8月1日時点における状況について、現況届の提出が必要となります。現況届の提出がない場合は、 8月以降分の手当が受けられなくなるほか、2年間提出しないことにより、手当の受給資格を失うことがあります。

【児童扶養手当用の所得証明書について】

  • 1月1日に江差町に住民登録がある方は不要です。
  • 1月1日時点江差町外の市町村にお住まいだった方は、住民登録があった市町村から児童扶養手当用の所得証明書の交付を受けてください。

※市町村によっては、児童扶養手当用の所得証明書の場合は交付手数料が無料となる場合があります。

 

【お問い合わせ】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 町民福祉課 福祉子育て係
TEL:0139-52-6720/FAX:0139-52-5666

 

プリンタ用画面
前
児童手当について
カテゴリートップ
各種手当について
次
特別児童扶養手当について