ホーム  >  観光情報  >  観光施設・名所  >  かもめ島  >  かもめ島

かもめ島

自然と伝説につつまれた島をめぐる

かつて、かもめ島がまだ弁天島と呼ばれていたころ、天然の良港を築くこの島はニシン漁や北前船交易の舞台でした。江差の歴史はかもめ島から始まったと言っても過言ではありません。そして今、檜山道立自然公園の特別区域に指定されるこの美しい自然の小島は、江差のシンボルとして多くの人に愛され、親しまれています。海抜20m、周囲2.6kmのかもめ島めぐりから、江差の観光をスタートなさいませんか。

 

瓶子岩(へいしいわ)

瓶子岩 今から500年もの昔、様々な予言をするひとりの姥がおりました。あるとき、姥はかもめ島で翁から小さな瓶を渡され、教えられたとおり瓶を海に投げたところ、江差にニシンが群来るようになったのです。この瓶が石と化して海上に現われ、瓶子岩になったと伝えられ、姥は人々から折居様と呼ばれ神のようにうやまわれていました。毎年7月の第一土日に開催される「かもめ島まつり」では、町内の若者たちによって全長30mにおよぶ〆縄がかけられます。

 

千畳敷

かもめ島の東崖に見られる、波の力による浸蝕の跡で、たくさんの畳を敷きつめたような形態から、千畳敷と呼ばれるようになりました。

千畳敷1 千畳敷2

 

江差追分記念碑

江差追分記念碑 昭和7年、江差追分会本部高野小次郎氏ら12名賛助会員13名によって建立。
揮毫は当時の北海道長官佐上信一の手によるもの。この頃から江差追分が全国に広まってきたと言われています。

 

厳島神社

厳島神社 元和元年(1615年)回船問屋仲間が海上安全の願いをこめ、弁財天社として建立。北前船関係者、商家の信仰をあつめ、明治元年(1868年)に厳島神社と改称されました。境内には文化11年(1814年)に建立された松尾芭蕉の句「いかめしき音やあられの檜笠」をしるした碑があります。

浪切鳥居

天保年間、回船問屋仲間が海上安全や商売繁盛のため社前の鳥居とともに、弁財天社(後の厳島神社)の第一の鳥居として建立。後に波で破損したが、その一部を海底から引き揚げ神社境内に移しました。

 

北前船係留跡(町指定文化財)

北前船係留跡 往時、海路江差までたどり着いた北前船が江差に錨を下ろした場所は、日本海の荒波から船を守るかもめ島の内海でした。その際の係留跡として、島の岩盤に細工した係留柱を入れる穴や係留環(ロープを通す環)が今でも残っています。

 

北前船飲用井戸(町指定文化財)

北前船飲用井戸  北前船がかもめ島に錨を下ろし、次の航海の準備で何よりも苦労したのが水の確保。島には水がありませんでした。明治9年、江差の問屋村上氏は莫大な経費と長い年月をかけてこの井戸を掘り当て、北前船航行に大きな便宜をもたらしました。
北前船飲用井戸の詳細はこちら

 

徳川幕府砲台跡

嘉永5年(1852年)、松前藩が沿岸警備のために設置した砲台のうちの2基がかもめ島の上に設置されました。現在はその跡のみが残されています。

 

義経と馬岩の伝説

義経と馬岩の伝説 かもめ島の東側、えびす浜に面した波打ち際に、白馬が首を上げ、いなないているかのように見える岩があります。かつて奥州平泉から源頼朝に追われた義経が、いっとき江差に逃れ住んだ後、葦毛の愛馬をかもめ島に残して再び出発したのですが、馬は雨の日も風の日も海辺を離れずに義経を待ち続け、やがてそのまま化石となってしまいました。それがこの馬岩だと伝えられています。

 

かもめの散歩道

 かもめ島には、点在する見どころをめぐる快適な散策路が整備されています。ゆっくり歩いても約2時間で一周することができます。
 また、島上の散策路に整備している木柵の一部は、北海道内で生産された木材を利用し、地球温暖化防止や豊かな森林の保全に貢献する取り組みも行っております。

 

釣り

かもめ島周辺は海釣りにも最適です。春はカレイにホッケ、夏はアブラコ、秋はサバやフクラゲ、冬はホッケなどがよく釣れます。

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666

プリンタ用画面
カテゴリートップ
かもめ島
次
かもめ島と大タコ伝説