ホーム  >  観光情報  >  観光施設・名所  >  円空仏(えんくうぶつ)と木喰仏(もくじきぶつ)[町指定有形文化財]

円空仏(えんくうぶつ)と木喰仏(もくじきぶつ)[町指定有形文化財]

円空仏

円空仏

阿弥陀如来像(泊観音寺)
来迎観音像(柏森神社)
来迎観音像(岩城神社)

木喰仏

木喰仏

地蔵菩薩像(泊観音寺)
子安地蔵菩薩像(金剛寺)

天台宗の寺で密教を学び、山岳修業を生命とする修験道の道を歩んだ円空は、寛文5年(1665年)に来道し、道南地方の山にこもり、いくつもの仏像を造りました。そのうちの三体が、江差の岩城神社、柏森神社、観音寺に残されています。いずれも確かな技巧の造形美あふれる仏像です。
一方、安永7年(1778年)に来道し、江差に2年間滞在した木喰行道によって造られたのが木喰仏。江差の金剛寺と観音寺、そして熊石の法蔵寺にそれぞれ2mにも届く三体の仏像が安置されており、そのほか民家などにも小型の仏像が多く残されています。民衆に親しく語りかけてくるような素朴さと土俗性、木質感の重厚さが特長です。

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666

社会教育課 地域文化係
TEL:0139-52-1047
FAX:0139-52-0234

プリンタ用画面
前
本願寺江差別院 西本願寺別院
カテゴリートップ
観光施設・名所
次
正覚院