山車の紹介

山車(ヤマ)

渡御祭は12台の御所車ふうの台車に、二層、三層の桟敷を設けた山車と、1台だけ船の形をした『松宝丸』の計13台の山車で町中を練り歩く。いずれも車台は赤朱と黒の漆塗りに、飾り金具がびっしり打たれている。遠目にも近くから見ても、豪華で頑強な作りである。普通、山車は50年で改築が必要とされており、その際は1千万円を超える経費を要する。これらの経費は僅か百戸足らずの各町内会で賄うこととなるが、これはけっして経済的な余力が生むものではない。自分たちの山車が一番という誇りがそれぞれの町内の結集を生み、また祖先が残した遺産に対する江差人の思いがそこにある。

ここでは、13台の山車と、代表的な人形、装飾品である水引幕をご紹介します。

 

■人形

「神功山」人形(北海道指定文化財)

「神功山」人形
(北海道指定文化財)

 

■水引幕

蛭子山水引【 猩々緋水引 】(江差町指定有形民俗文化財)

蛭子山水引【 猩々緋水引 】
(江差町指定有形民俗文化財)

 

13の山車を支える17の町

北海道最古の歴史と伝統を有する「姥神大神宮渡御祭」に供奉する山車は、我が町内の貴重な文化遺産として、山車保存会によって、祭り囃子の伝承と共に大切に保存されてきました。
「江差の五月は江戸にもない」と云われた往時の北海道文化財、神功山、松寶丸や由緒ある人形、装飾品で飾られた絢爛豪華な13台の山車を紹介します。

 

●松寶丸(まつほうまる)

陣屋町、海岸町 北海道指定文化財(有形民俗文化財)

松寶丸(まつほうまる)

松宝丸は「船山」(ふなやま)と呼ばれ現存する唯一の船形山車。
今から153年前、江差で活躍していた近江商人が大阪へ発注し製作させたもので、昭和38年に北海道の有形民俗文化財に指定されている。重厚な作りと豪華さは他を寄せつけない。江差が商都として栄華を極めた往時を忍ぶことができる。

他の山車は人形を据えているが、松宝丸は人形の代わりに小さな男の子が「船頭」として金色の陣笠に金襴の陣羽織。渡御祭の巡行中、船首に正座する姿はりりしく、愛らしい。
松寶丸(まつほうまる)

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666

社会教育課 地域文化係
TEL:0139-52-1047
FAX:0139-52-0234

プリンタ用画面
カテゴリートップ
山車の紹介
次
松寶丸(まつほうまる)(海岸町・陣屋町)