ホーム  >  観光情報  >  江差の三大祭り  >  江差姥神大神宮渡御祭  >  山車の紹介  >  義公山(ぎこうざん)(南浜町・柏町・南が丘)

義公山(ぎこうざん)(南浜町・柏町・南が丘)

 

義公山(ぎこうざん)(南浜町・柏町・南が丘)

山車紋「水戸徳川葵」
人形は、徳川御三家、水戸藩主 徳川光圀

祭り囃子を聞く

 

「義公山」の由来

旧五勝手村は山車人形を所蔵するが山車は借用し、姥神大神宮渡御祭に巡行しておりましたが、大正13年中川民蔵、佐藤小三郎氏等が世話人となり山車を製作する。
代々、乃木山・乃木将軍で継承するが昭和24年(1949年)義公山、水戸黄門となる。
人形、水戸黄門は義公山の興隆に岩井勝三郎氏が寄進したものである。

水戸光圀は、第二代水戸藩主で義公という称号を持つ。義公は明暦3年大日本史編纂に着手し、多くの学者を各地に派遣して資料を収集した。
水戸黄門漫遊記で有名な佐々木介三郎(助さん)、安積覚(格さん)はいずれも大学者で特に介三郎は、義公の命を受けて全国に行脚したといわれている。
昭和23年まで乃木将軍(乃木山)でしたが、その後現在の黄門さんで「助さん・格さん」を従えた諸国漫遊の旅姿となっています。
町内の子供が「助さん・格さん」の姿で介添えしているのが特徴です。
光圀は「梅里」と号し、おくり名を「義公」、大日本史を編纂した。

 

●人形

人形/水戸藩主、徳川光圀像
製作年/昭和24年(1949年)
製作場所及び作者名/
北海道 江差町 人形師 西海谷 厳(北龍) 作

●水引

水引 水戸景色、梅、城の図柄を配する。
製作年/昭和51年(1976年)
製作場所及び作者名/
北海道 江差町 大澗町 水野 房子 作

●山車屋台

製作年/昭和51年(1976年)
製作場所及び作者名/
北海道 江差町 大工棟梁 辻 喜久雄

*祭り囃子コンクール入賞歴

昭和53年 3位
昭和54年 3位
昭和55年 3位
昭和56年 準優勝
昭和58年 準優勝
昭和59年 準優勝
昭和60年 優勝
昭和61年 優勝
昭和62年 優勝
昭和63年 3位
平成元年 準優勝
平成2年 3位
平成3年 優勝
平成4年 優勝
平成6年 優勝
平成7年 準優勝
平成8年 3位
平成9年 3位
平成10年 準優勝
平成11年 3位
平成17年 努力賞
平成20年 努力賞

 

  • [+]拡大表示

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666

社会教育課 地域文化係
TEL:0139-52-1047
FAX:0139-52-0234

プリンタ用画面
前
楠公山(津花町)(なんこうやま)
カテゴリートップ
山車の紹介
次
譽山(ほまれやま)(茂尻町)