ホーム  >  観光情報  >  江差の三大祭り  >  江差姥神大神宮渡御祭  >  山車の紹介  >  清正山(せいしょうざん)(本町)

清正山(せいしょうざん)(本町)

 

清正山(せいしょうざん)(本町)

山車紋「蛇の目、桔梗」
人形は、肥後熊本藩主54万石、「加藤清正」

祭り囃子を聞く

 

「清正山」の由来

人形は加藤清正公である。武勇の神・建築の神(熊本城他日本の名城を築く)農業・商業・振興の神。更に大の法華経信者で守護開運の神とも称されている。本町法華寺本堂には清正公の像を奉祀してあり、山車名を清正山、人形清正公としたのは本町振興発展の意味をこめている。

 

●山車人形

人形/加藤 清正
人形は、昭和27年江差町西海谷厳氏の製作したもので、その後昭和59年に人形の修復をし、頭面の修復は東京文化勲章受賞者鈴木柳蔵氏、鎧・衣装製作は東京浅草橋鎧の光山堂の製作による。
製作年/昭和27年(1952年)
製作場所及び作者名/
北海道 江差町 中歌町 人形師 西海谷 厳(北龍)

 

●水引き

水引き 「虎」図等
製作年/昭和27年(1952年)
製作場所及び作者名/京都 (株)川島織物

 

●山車屋台

山車は昭和54年8月 山車建造実行委員会によって再建造したものです。棟梁は、山本道雄氏 水引 京都市 (株)川島織物 彫刻金具 漆師 名古屋 (株)善光堂で製作したものであります。
製作年/昭和54年(1979年)8月
製作場所及び作者名/
山車建造実行委員会によって再建造したもの。
棟梁 山本道雄氏、彫刻金具漆師は名古屋 (株)善光堂。

 

*祭り囃子コンクール入賞歴

平成15年 努力賞
平成18年 3位
平成19年 優勝
平成21年 努力賞
平成24年 努力賞

 

  • [+]拡大表示

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666

社会教育課 地域文化係
TEL:0139-52-1047
FAX:0139-52-0234

プリンタ用画面
前
源氏山(げんじやま)(上野町)
カテゴリートップ
山車の紹介
次
政宗山(まさむねやま)(新地町・円山・緑丘)