「日本遺産」とは 

 「日本遺産」とは、地域の歴史的な魅力や特色を通じて、我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援する制度です。
この制度は、文化庁が平成27年度から始め、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに100件程度が認定される予定です。

 

文化庁「日本遺産」へのサイトは下記をクリック

 
文化庁「日本遺産」のサイト

 

江差町の「日本遺産」ストーリーが北海道第1号で認定!

4月28日、松野博一文部科学大臣から認定証の授与がありました

 

 平成29年4月28日、江差町が申請していた「江差の五月は江戸にもない-ニシンの繁栄が息づく町-」というタイトルのストーリーが「日本遺産」に認定されました。
平成29年度は全国から79のストーリー申請があり、このうち江差町を含む17のストーリーが認定されました。北海道では第1号の認定です。

 

日本遺産に関するパンフレット

① 「江差町の日本遺産認定」 (PDF・850KB)

② 「江差町の認定ストーリー」 (PDF・1.515KB)

③ 「これまでの認定地一覧」 (PDF・238KB)

 

”「日本遺産」のまち江差町”の楽しみ方

 

 江差町は、江戸時代にはにしん漁と北前船による海上交易で栄え、食料品や衣料品、調度品や嗜好品、さらに文化や人、技術など、あらゆるものが海を渡ってやって来ました。明治初期以降、北前船がもたらした繁栄の時代は幕を下ろしましたが、当時の風情を今に伝える貴重な建造物や江差追分、姥神大神宮渡御祭など、有形無形関わらず多くの文化が息づいています。
下記の「江差町の動画サイト」及び「江差町の観光PRサイト」のリンクからは江差町の楽しみ方のヒントが見つかるかもしれません。
是非、足をお運びいただき、”「日本遺産」のまち江差町”を体感してください。

 

江差町の動画サイトは下記をクリック
江差町の動画サイト

 

江差町の観光PRサイトは下記をクリック
江差町の観光PRサイト

 

日本遺産ロゴマークの使用について

江差町内にお住いの方などはあらかじめ届け出て頂くことで、日本遺産のロゴを使用することができます。詳しくは下記を参照して下さい。

使用要綱(PDF・131KB)

使用届出書(PDF・52KB)

ロゴマーク手引き(PDF・58.4KB)

ロゴマークマニュアル(PDF・896KB)

ロゴ1(PDF・54.1KB)

ロゴ2(PDF・53.9KB)

ロゴ3(PDF・57.4KB) 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 追分観光課 観光係
TEL:0139-52-6716
FAX:0139-52-5666