1 地域の作物作付の現状、地域が抱える課題

 水稲を軸に各種畑作物(大豆、小豆、馬鈴薯、かぼちゃ、ブロッコリー、牧草等)による輪作体系が構築されている。
 本町はこれまで担い手への農地の集積が図られ、農業生産力が維持されてきたところであるが、今後10年で高齢化による離農等が急速に進行し、農地が大量に供給されることが予想され、農地の不作付地化が懸念される。
 このことから、担い手への農地の集積と集約化を加速化し、耕作放棄地の発生防止・解消を進めるとともに、農業の生産性の向上を図るため、農地中間管理事業等の活用を推進する。
 また、転作作物の作付が牧草等に偏重しており、生産性・収益性の高い振興作物への転換が求められており、アスパラ・ブロッコリー等の作付けを推進していくこととしている。
なお、本ビジョンの作成にあたっては、生産者をはじめとした、当再生協議会構成員となっている農業関係団体・機関を含めた幅広い議論を通じて進めていくこととしている。

 

2 作物ごとの取組方針

(1)主食用米
 当面は、生産数量目標に従った作付を行うものとし、米政策の見直し対応すべく需要に応じた米生産を推進していく。

(2)非主食用米
[加工用米・備蓄米]
 当面は、生産数量目標を超過する作付を、加工用米・備蓄米等非主食用米に誘導することで水田の水張面積の維持・拡大を目指すとともに、米政策の見直しに伴い非主食用米を含めて需要に即した米生産を推進し食料自給率の向上を図る。

(3)麦、大豆、飼料作物
 米政策の大転換に伴い、国内需要のある作物の生産振興として、良質な麦・大豆の作付面積の維持・拡大を目指し、飼料作物については自給飼料作付の維持・増産を図り耕畜連携を推進する。

(4)そば
 優良そば産地として確立するため、作付面積の維持・拡大を図るとともに、品質の向上を目指す。

(5)野菜
 馬鈴薯をはじめ、かぼちゃ、ブロッコリーを主体にアスパラガス、高設いちご等の施設園芸作物を組み入れた形の地域の実情にあった作物を選定し、有効な輪作体系に基づいた土地利用を進める。
 また、地域の振興作物である、ブロッコリーとアスパラガスの生産拡大を推進する。

(6)不作付地の解消
 当町の水田地帯においては、現状不作付地は存在しないが、今後高齢化等により農地が大量に供給されることが予想されるため、担い手に対する農地の面的な集積を推進することで農地の不作付地化を防ぐ。

(7)耕畜連携
 畜産農家の管理省力化に寄与する水田放牧を推進することに加え、草地に堆肥を散布することにより地力を維持し、自給飼料作付の維持・増産を図る。

 

3 作物ごとの作付予定面積

作物ごとの作付予定面積(pdfリンク)

 

4 平成29年度に向けた取組及び目標

平成29年度に向けた取り組み及び目標(pdfリンク)

 

【お問い合わせ先】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町地域農業再生協議会

TEL:0139-52-6717
FAX:0139-52-0234