ホーム  >  くらしの情報  >  健康・福祉  >  健康・保健  >  健康づくり  >  各種健康づくり事業について  >  すこやかロードの活用について

すこやかロードの活用について

すこやかロードとは?

北海道と北海道健康づくり財団では、道民の健康運動を推進するために、市町村が整備したウォーキングロードを「すこやかロード」と認定しています。
江差町からは平成24年度に「いにしえ街道散策コース」と「かもめの散歩道コース」の2コースが認定されています。どちらのコースも健康づくりのためのウォーキングコースとして優れており、景観も素晴らしいという評価を受けています。
コースマップは、下記からダウンロードできるほか、コーススタート地点の「保健センター(役場内)」および「海の駅開陽丸」に設置しています。

 

コースマップダウンロード

 

「ウォーキング」を記録しませんか?

江差町では、ウォーキングによる健康づくりを応援するため、ウォーキング記録表を作成しました。
3,000歩(約2Km)もしくは、すこやかロードのコース1周でひとマスを塗りつぶし、江差~札幌間(全長236Km、118マス)の完歩を目指します。
普段からウォーキングをされている方や、これから始めようと考えている方など、記録表の配布を希望される方は、健康推進課までご連絡ください。
完歩された方には、健康づくりに役立つ記念品もご用意しております。

 

【お問い合わせ】

〒043-8560 北海道檜山郡江差町字中歌町193-1
江差町役場 健康推進課 健康推進係(保健センター)
TEL:0139-52-6718
FAX:0139-54-3933

プリンタ用画面
前
食生活を見直す教室(食生活改善推進協議会事業)
カテゴリートップ
各種健康づくり事業について
次
トレーニングコーナーの利用